東京で新社会人が初めて一人暮らしする場合、初期費用の平均はどのくらいかかるでしょうか?社会人に人気の住みやすいエリアはどこ?

社会人が一人暮らししやすい場所について、人気エリアに初期費用を抑えて住む方法について紹介します。

東京で一人暮らしの初期費用と物件の選び方

新卒で東京へ引越し、社会人となると4年経てば引っ越す学生時代の一人暮らしのよりも、部屋探しに慎重になります。自分の生活の中で、何を重要視して選びたいかしっかり考えましょう。

何が一番譲れない条件でしょうか?
「時間を最重視したいから職場の近くに住みたい」
「在宅勤務もあるからゆとりある快適な部屋がいい」
「毎日自炊だからコンロは2口以上がいい」
「ワンルームではなく仕切りのある1K以上がいい」

一人暮らし物件には、賃貸物件か家具家電付きのマンスリーマンション、徐々に増えているシェアハウスやソーシャルアパートメントなどがあります。

マンスリーマンションソーシャルアパートメントなどは、自分で揃える家具家電が少なくて済み初期費用が抑えられます。

賃貸の場合は、特に初期費用は高額になるので、失敗せず一人暮らしの部屋を選びたいものです。

家具家電など生活必需品の初期費用

学生時代も一人暮らししていた人は、そのまま家具家電を運べば使えますが、1から揃える場合は10万〜20万くらいの初期費用がかかります。

家電は一人暮らし用セットや中古で安価なものを探すなどで約10万円、その他に家具、テーブルやベッド、照明器具やカーテン、キッチン用品など、基本的なものを揃えると20万円を超えてきます。

不動産会社への初期費用

不動産会社への初期費用

Photo by Karolina Grabowska from Pexels

初期費用で支払う敷金・礼金・手数料などは、地域や不動産会社により異なりますが、平均的な相場はおよそ5〜6ヶ月分とされます。

敷金 家賃1〜2カ月分
礼金 家賃1〜2カ月分
前払い家賃 家賃1〜2カ月分
不動産会社への仲介手数料 家賃0.5~1カ月分
火災保険料 1~2万円

上記に加えて、大家さんによっては鍵交換費用も初期費用に含められることや、他にも保証会社利用料が加算される場合もあります。

もし8万円の家賃の場合、およそ40万〜50万円くらいは初期費用を考えておく必要があります。

家具家電の買い揃えと不動産会社への初期費用で、東京の場合は約50万〜60万くらいが相場とされています。この初期費用に加えて、さらに引越し費用も必要となります。

一人暮らしの初期費用が安い方法

一人暮らしの初期費用が安い方法

Image by FineGraphics from photo AC

家具家電付きのマンスリーマンションの場合は、通常の賃貸物件にかかる初期費用はかからないものが多く、一度に大きな負担がかかりません。

メトロレジデンスのマンスリーマンションの場合は、礼金・手数料が無料で、鍵交換費用もかかりません。家具家電付きなので、寝具やカーテンも含め、調理器具や食器も買う必要はなく、スーツケースだけでの引っ越しも可能です。

マンスリーマンションに含まれる家具家電
冷蔵庫 照明
調理器具・食器 アイロン
電子レンジ ベッド
洗濯機 タオル・シーツ
エアコン 掃除機
テレビ カーテン
メトロレジデンスの例)

さらに、電気・水道・ガスなどの光熱費とインターネットも家賃に含まれるため、自分で契約手続きをする必要はなく、入居から即すべて利用できます。

土地勘のない東京で、いきなり賃貸物件の契約をするのは不安、という方にもマンスリーマンションはおすすめです。

近隣の治安や騒音など、住み始めてわかることがあります。賃貸物件の場合は短期で解約して引越すと違約金が発生することがあります。

また、職場の配属により、同じ都内でも違う勤務場所になることもあります。マンスリーマンションであれば月単位なので柔軟に利便性の高い場所へ移動できます。

社会人一年目の生活に慣れるまで、最初の数ヶ月は初期費用不要のマンスリーマンションで生活して、ゆっくり家探しをするということも可能です。またはシェアハウスやソーシャルアパートメントも経験してみるという選択肢もあります。

こちらもおすすめ:ソーシャルアパートメントとは?シェアハウスとの違い、メリット・デメリットを調査

東京の社会人に人気の場所はどこ?

「東京23区住みやすさランキング」サイトの調査によると、20代が住みたい東京の街トップ5は次のエリアです。

(参照:https://chintaibest.com/20s_sumitai_ranking/)

有名なエリアでも、同じ路線沿いで、有名な地名の駅から1つ2つ隣の駅に行くだけで家賃が下がる傾向があります。

新社会人の東京一人暮らしにおすすめの場所

東京で一人暮らしを始める新社会人におすすめのマンション&アパートを紹介します。

中目黒・祐天寺ソーシャルアパートメント

social_apartment_tokyo_nakameguro

人気の中目黒エリアのソーシャルアパートメントです。一人暮らしでは叶わない広々とした共有リビングダイニングにはコーヒーマシーンや調理器具が揃っています。プライバシーの守られる寝室は個室で、冷蔵庫も完備されています。

お部屋の詳細や料金:【新築】中目黒/祐天寺 ソーシャルアパートメント

ガリシア新宿御苑

furnished apartment in Tokyo Shinjuku

緑あふれる新宿御苑のそばで落ち着いた憩いの場を確保しながら、移動に便利な新宿駅に近く利便性の高い立地です。スーパーとコンビニは徒歩5分以内です。インテリアはスタイリッシュでホテル暮らし感覚、2口コンロで自炊に便利、浴室には乾燥機も完備。

お部屋の詳細や料金:ガリシア新宿御苑

ガリシア大塚

furnished_apartment_tokyo_otsuka

池袋、新宿などの都心部へのアクセスに便利な立地です。徒歩3分以内にコンビニや商店街があり生活の利便性が高いと同時に、静かで落ち着いたエリアです。風呂トイレ別で独立洗面台も完備。ダブルベットで広々、イスやテーブルなど生活に必要な家具家電は揃っています。

お部屋の詳細や料金:ガリシア大塚

メトロレジデンスでは、週に1回の定期清掃(タオル・シーツ交換を含む)をオプションで提供しています。

さらにマンスリーマンションだけではなく、1,000件以上の賃貸物件も紹介しています。入居が難しい外国人の方から、タワーマンションやペット可物件など、こだわりの強いハイグレードなマンションをお探しの方もぜひご相談ください。

〜お問い合わせはこちらから〜
お問い合わせフォーム
・メール [email protected]
・電話 03-4405-5226

こちらもおすすめ

MetroResidences

◇Follow MetroResidences◇ サービスアパートメントの最新情報やお得なキャンペーンをメトロレジデンスのFacebookInstagramTwitterでお届けしています。ぜひフォローください!